メニュー

フォトフェイシャルでのにきび治療の注意点

皮膚への負担が少なく、効果的なにきび治療ができるフォトフェイシャルは注目の美容法ですが、気をつけたいこともあります。フォトフェイシャルを用いた美容施術は、他のレーザー治療と同様、一度で効果を出すというものではありません。3週間に1度程度で、5回から10回のフォトフェイシャルを受ける必要があります。すべての治療期間は3か月から7か月くらいになるので注意しましょう。治療回数が多いということはそれだけ費用がかさみます。顔じゅうにフォトフェイシャルをした場合、1度の施術で1万〜5万ほどかかります。お金の準備をしてからでなければ、フォトフェイシャルで満足のいく結果は難しいでしょう。にきびのためにフォトフェイシャルを使うという人は、費用負担の見通しを明確にしておくことです。お肌にダメージが少ないフォトフェイシャルといっても、施術を受けないほうがいい人もいます。光過敏症の人や、アトピー肌の人、お腹に赤ちゃんがいる人、肌が紫外線で焼けている人はやめましょう。フォトフェイシャルの優しい光でも刺激が強すぎるので治療を受けることができないのです。フォトフェイシャルでにきびを治療したいという人は、通いやすそうな医療クリニックのカウンセリングなどをまず受けてみるといいでしょう。にきびの対策にフォトフェイシャルを利用する時には、金銭的な負担や、肌への注意点を知っておくべきです。

食欲の抑制とは

食欲を抑制した痩せたいという人は、実践してみるとその難しさに気づきます。食欲を抑制して体重を減らしたい、健康な体になりたいという人は大勢います。目標の体重になるためには、何とか食欲を抑制して、食事の量を減らさなければならないケースもあり、とても大事です。体重が増えて体に悪い影響が出ている場合にも、食欲を抑制し、食事内容を見直さなければならないケースもあります。メタボ体型で高血圧や糖尿病の症状がある人は、まず食欲を抑制してメタボを脱却することが重要なことがあります。どんな食材で料理をするかなど、料理法や食材の選び方などに工夫をすることで、食事によるカロリー摂取量を減らすことが可能です。食欲を抑えることと同時に、栄養バランスのいい食事をすることも重視したいものです。偏った栄養バランスの食事は、逆に体調を悪化させてしまうこともあると言われています。食欲を抑制しなければならないという理性がどれだけ働いても、ものを食べない状態がしばらく続くと、何でもいいから食べたいという気持ちが強くなります。おいしそうな食べ物を見たり、またその匂いに誘われて、食事の量が増えてしまう事は誰にでもあることでしょう。お腹がすいている時ほど、ボリュームたっぷりの美味しそうな食事や、甘い匂いや刺激的な匂い、できたてのおかずなどが魅力的に見え、食欲の抑制が難しくなります。人間にとって、食欲を抑制することは非常に困難です。そのため、ダイエットはなかなか達成することができないのです。

食欲を抑制と偽食欲

偽食欲とは何かを認識することで、食欲の抑制がやりやすくなるといいます。人間の体は、しばらく食事をしないでいると肝臓のグリコーゲンが少なくなり、食欲を刺激します。空腹感の正体とは、肝臓のグリコーゲンが減少したことによる血糖値の低下です。血糖値が下がると食欲がわいてくるということになります。本物の食欲とは違う食欲を偽食欲と呼びます。食べたいものがあるという気持ちや、時間帯的に食事がしたいという欲望とは区別して考えられます。人間が持っている本能ともいえる欲求が、食欲であるといえます。偽食欲の存在を知ることが、食欲の抑制を理解するための鍵を握っています。偽食欲は、この食欲にしたがって食事をしなくても人間は生きていけます。一方、正しい食欲は、人にとって生きていくためのものです。人によっては、食欲を抑制する必要を感じずに、食べ続ける人もいます。何か目的があって食欲を抑制しなくてはいけないならば、まずは食欲を抑える必要があります。空腹以外のきっかけで偽食欲は感じるものですから、目の前に食べ物を置かないなど、偽食欲がわかないようにするといいでしょう。食欲が強くて抑えきれないという場合でも、それが偽食欲であれば抑制しても体に悪影響がないことは覚えておきましょう。